海外ドラマ「The Head」で英語学習するメリット!山下智久の英語で学ぼう

山Pの海外ドラマ「The Head」で英語学習してみたいけど、レベルはどんな感じ?ストーリー的に初心者では難しいかなぁ。

このような疑問をもつ方におすすめの記事です。

 

こんな方におすすめの記事
  • The Headで英語学習してみたい
  • The Headの英語の難易度を知りたい
  • The Headで使われる英語を知りたい

 

たかひろ

記事を書いているぼくは、元海外駐在員で今は商社で働いています。洋画マニアで、好きな洋画や海外ドラマでよく英語学習します。

 

山下智久さんが出演している海外ドラマ「The Head」。

世界30ヶ国で公開され、日本でも超話題となった海外ドラマですね。

この記事では、「The Head」の英語の難易度や、英語学習に使うメリット・デメリットを「The Head」で英語学習したぼくが解説します。

 

「The Head」を見て英語学習しようか迷っている方は、ぜひ参考にして下さいね。

 

この記事で分かること
  • The Headで勉強するメリット・デメリット
  • The Headの英語の難易度
  • The Headの山下智久の英語フレーズ

 

この記事では、実際に「The Head」の中で使われている英語フレーズもいくつか引用しています。山下智久さんの英語のセリフも登場しますよ。

海外ドラマ「The Head」の英語の難易度

まずは、「The Head」で英語学習するうえで、1番気になる英語の難易度を解説します。

結論からいうと、「The Head」の難易度は、初級者~中級者向けで、やさしいです。

リーディング、リスニング2つの点で詳しく解説しますね。

「The Head」で使われる英語(山下智久のセリフ)

「The Head」に登場する英語は、かなりシンプルです。

中学・高校で習うレベルの英単語や文法が分かれば、ある程度は理解できます。

 

例えば、1話のはじめで山下智久さんが話すセリフを例にすると

I was looking for you.

君を探してたよ。

 

All station watch it at the beginning of the winter.

すべての基地で冬のはじめに見るんだ。

 

※ドラマでのStationは基地という意味

 

たしかに、見たことある英単語だね。

たかひろ

こんな感じで、他の出演者が話す英語も、習ったことのある英語が使われているケースが多いです。

 

この海外ドラマが、英語圏以外の国でも公開されているため、分かりやすい英語で脚本が書かれたのかもしれませんね。

「The Head」の英語のリスニング

「The Head」の英語は、比較的聞き取りやすいです。

 

「The Head」の英語が聞き取りやすい理由
  1. 非ネイティブの俳優が多い
  2. 短いセンテンスでの会話が多い

 

1つ目に「The Head」は、山下智久さんをはじめ、英語圏ではない俳優が多いです。

 

そのため、ネイティブなみに「ベラベラ~」と早口で話す人が少ないのです。

もちろん、ネイティブとは違うアクセントがあったりはします。

ただ、初級者~中級者にとっては、第2言語で英語をハッキリと発音する人のほうが聞き取りやすいです。

 

2つ目に、「The Head」のストーリー的に、長い英語のやり取りが続くシーンが少ないです。

リスニングに自信のない方でも、理解しやすいセリフのボリュームなのです。

 

たしかに、ネイティブどおしの会話はブロークン英語だから、かなり聞き取りづらいよね。

たかひろ

アメリカで放送されているローカル向け海外ドラマは、聞き取りづらかったりしますよね。

海外ドラマ「The Head」で英語学習する魅力

ここでは、「The Head」で英語学習するメリット・デメリットを解説します。

メリット・デメリット両方ありますので、しっかり見て判断してもらえたらと思います。

「The Head」で英語学習するデメリット3つ

まずは、「The Head」で英語を学ぶデメリットから解説します。

下記、3つがデメリットになります。

 

  1. 全体の1割は英語以外の言語
  2. アメリカ出身の俳優が少ない
  3. ストーリーが暗め

 

全体の1割は英語以外の言語

「The Head」のデメリットの1つ目は、英語以外の言語が話されることです。

「The Head」は、国際色豊かな海外ドラマです。

全体の1割ほどですが、英語以外の言語が話されることがあります。

 

「どうしても英語学習だけに集中したい!」という学習者には、おすすめできません。

 

アメリカ出身の俳優が少ない

「The Head」のデメリットの2つ目は、アメリカ出身の俳優が少ないことです。

「The Head」は、多国籍な俳優がキャストされています。

本格的なアメリカ英語を学びたい方は、アメリカの海外ドラマを選んだほうがよいかもです。

 

ストーリーが暗め

「The Head」のデメリットの3つ目は、ストーリーがやや暗いことです。

「The Head」は、サスペンス・ミステリーという類の海外ドラマです。

明るく、ポジティブなストーリーを求めている方には、不向きな海外ドラマといえます。

 

たしかに、コメディを求めている人が見ても楽しくはないもんね(笑)

たかひろ

他ジャンルや、アメリカの海外ドラマで英語学習したい方は、下記の記事を参考にして下さいね。
洋画マニアの僕が選ぶ英語学習におすすめの海外ドラマ5選【初心者向け】

「The Head」で英語学習するメリット4つ

ここでは、「The Head」で英語を学ぶメリットを解説します。

下記、4つがメリットです。

 

  1. 英語の難易度がやさしい
  2. 多くの英語発音に触れられる
  3. 全6話と最後まで見やすい
  4. 山下智久さんの姿にモチベが上がる

 

英語の難易度がやさしい

「The Head」のメリットの1つ目が、英語の難易度がやさしいことです。

英語に自信のない方にとっては、ここがかなり重要ですよね。

上でも解説したとおり、リーディング・リスニングのレベルが初級者~中級者向けです。

海外ドラマや映画で勉強したことがない人でも、デビューしやすい作品なのです。

 

多くの英語発音に触れられる

「The Head」のメリットの2つ目が、多くの英語発音に触れられることです。

「The Head」の俳優陣は、イギリス・アメリカ・ドイツ・スペイン・日本・デンマーク・スウェーデンなど超グローバルです。

とても多くの英語発音に触れられる珍しい海外ドラマなのです。

 

世界で英語を話す人口のうち、ネイティブが25%なのに対し、非ネイティブは75%です。

英語を勉強するうえで、いろいろな国の英語の発音に慣れておくのは有利なのです。

 

全6話と最後まで見やすい

「The Head」のメリットの3つ目は、全6話と短くサクッと見れることです。

海外ドラマは、一般的にめちゃくちゃエピソード数が多いですよね。

例えば、有名どころの海外ドラマを挙げると

海外ドラマ エピソード数
フレンズ 全218話
プリズンブレイク 全89話

海外ドラマで英語学習するなら、繰り返し見たほうが効果的です。

全6話なら、繰り返し見やすいですよね。

 

山下智久さんの姿にモチベが上がる

「The Head」のメリットの4つ目は、山下智久さんが出演しているため、モチベーションが上がることです。

山下智久さんは、もともと英語ができる人だったわけでなく、20代後半から猛勉強をして英語を習得しました。

山下智久さんが英語を話す姿を見ることで、「自分もがんばろう!」という気持ちになります。

 

たしかに、努力をして夢をかなえた山Pの姿を見ると、自分もやる気が出るね!

たかひろ

そうですね。同じ日本人が海外ドラマに出ている姿は、刺激になるし、勇気づけられますね。

ちなみに、山下智久さんの英語力や英語の勉強法は、こちらにまとめています。

興味のある方は、ご覧ください。

山下智久(山P)の英語勉強法とは?海外ドラマでみせた英語力を検証

海外ドラマ「The Head」で英語を学ぼう

最後に、「The Head」で実際に使われている英語フレーズを、少しだけ紹介します。

ネタバレしない程度に引用しています。

「The Head」でよく使われる英語

ここでは、「The Head」でよく使われていた単語を2つだけ紹介します。

☞ Deserve ~の価値がある、~に値する


You deserve it.

君はそれがふさわしい

I deserve to burn.

私は業火に値する

Not so sure we deserve being saved.

私たちは助かる価値があるか分からないな

The world deserves to know what he’s done.

彼がやったことを世界に知らせないと

☞ Could ~の可能性がある


This could be the last time.

これが最後になるかも

It could be anyone.

全員(容疑者の)可能性がある

It could save us all.

それは、みんなを助ける可能性がある

Couldはいろんな用法があるけど、「可能性がある」という意味で使われているんだね。

たかひろ

「可能性がある」という英語は多いですが、Couldは最も可能性が低いときに使われますね。

山下智久の英語のセリフで学ぶ

ここでは、山下智久さんが「The Head」で使ったセリフを少しだけ紹介しますね。

個人的に好きなセリフもあります。

It doesn’t make sense.

全く理解できない。

We’re all under pressure.

みんな追い詰められてる(プレッシャーを感じてる)

Tell me what you’ll do, once we get out of here.

ここを出たら何をする?

I just want to lose myself in something.

何かに夢中になりたいよ。

山Pのセリフだけ見ても、学べるものがあるね。

たかひろ

実際にどういう使い方をするかドラマの中で学べるので、イメージしやすいですよね。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、海外ドラマ「The Head」の英語の難易度や、英語学習するメリット・デメリットについて解説しました。

☞「The Head」の難易度

  • 初級者~中級者

☞「The Head」で英語学習するデメリット

  • 約1割は英語以外の言語
  • アメリカ出身の俳優が少ない
  • ストーリーが暗め

☞「The Head」で英語学習するメリット

  • 英語の難易度がやさしい
  • 多くの英語発音に触れられる
  • 全6話と最後まで見やすい
  • 山下智久さんの姿にモチベが上がる

「The Head」は、舞台が研究施設ですが、それほど専門的な分野の英語は出てきません。

むしろ、シンプルな英単語と文法でセリフが構成されているため、とても理解しやすいですよ。

 

なにより、ストーリーが面白くて、全6話と間延びしない感じで終わるので、特に初級者の方にはおすすめな海外ドラマです。

 

内容が気になる方は、こちらにネタバレなしで「The Head」の感想を書いています。

よかったらご覧ください。

海外ドラマ「The Head」ネタバレなし感想!山下智久の英語の演技はどうか?

 

山Pの英語を話す姿も見てみたいし、初級者でも英語の勉強ができるなら「The Head」を見てみようかな。

たかひろ

山Pさんめっちゃカッコよかったです。ストーリーも本当に素晴らしいので、見てみて下さいね。

» Huluの無料体験で「The Head」を見る

当ブログでは、「海外旅行」「英語学習」「国際交流」「生き方」などをテーマに情報を発信しています。

また興味がありましたら訪問して頂けるとうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です